G育成で初のキャンプ一軍発進 平間隼人に“大化け”の可能性

公開日: 更新日:

 巨人の育成1位ルーキーの平間隼人内野手(23=四国IL・徳島、右投げ左打ち)が、来月の宮崎春季キャンプの一軍メンバーに抜擢される。育成新人の一軍スタートは球団史上初の快挙である。

 鳴門渦潮高から四国ILの徳島へ。173センチ、75キロと上背はないものの、50メートル5秒9の俊足を武器に、昨季は四国ILトップの43盗塁をマークした。二遊間をこなす守備力にも定評がある。

 2018年に家庭の事情で一度、野球をやめて電気工事士として働いた異色の経歴の持ち主だ。18年後期から徳島に復帰。昨年の育成ドラフト1位で巨人入りを果たした。

 広島OBでコーチ、編成部長などを歴任し、現在は徳島県の中学、高校野球の技術指導員を務める川端順氏がこう言う。

「高校時代から知っています。まず足の速さが目に留まります。守備は堅実。打撃はセンターから右方向に打つタイプです。同じ徳島出身の巨人・増田大輝を俊足にした感じ。元ヤクルトの名手・宮本慎也を目指していると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る