G育成で初のキャンプ一軍発進 平間隼人に“大化け”の可能性

公開日: 更新日:

 巨人の育成1位ルーキーの平間隼人内野手(23=四国IL・徳島、右投げ左打ち)が、来月の宮崎春季キャンプの一軍メンバーに抜擢される。育成新人の一軍スタートは球団史上初の快挙である。

 鳴門渦潮高から四国ILの徳島へ。173センチ、75キロと上背はないものの、50メートル5秒9の俊足を武器に、昨季は四国ILトップの43盗塁をマークした。二遊間をこなす守備力にも定評がある。

 2018年に家庭の事情で一度、野球をやめて電気工事士として働いた異色の経歴の持ち主だ。18年後期から徳島に復帰。昨年の育成ドラフト1位で巨人入りを果たした。

 広島OBでコーチ、編成部長などを歴任し、現在は徳島県の中学、高校野球の技術指導員を務める川端順氏がこう言う。

「高校時代から知っています。まず足の速さが目に留まります。守備は堅実。打撃はセンターから右方向に打つタイプです。同じ徳島出身の巨人・増田大輝を俊足にした感じ。元ヤクルトの名手・宮本慎也を目指していると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  10. 10

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る