ウィザーズ八村塁はリハビリ完了 オールスター前に復帰へ

公開日: 更新日:

 米プロバスケットボールNBAワシントン・ウィザーズの八村塁(21)の復帰が早まった。

 スコット・ブルックス・ヘッドコーチ(HC)は22日(日本時間23日)、鼠径(そけい)部を痛めて戦列を離れている八村について、全てのリハビリプログラムが完了したと明かした。今後は実戦形式の練習を続け、オールスター(2月16日=シカゴ)までの復帰を目指すという。

 八村は12月16日のデトロイト・ピストンズ戦で同僚選手の足が股間に入り負傷。22日のマイアミ・ヒート戦での登録も外れ、18試合連続で欠場。昨年のドラフトで全体9位指名を受けたルーキーは、開幕から25試合連続スタメン出場し、1試合平均13.9得点、5.8リバウンド、1.6アシストをマークしている。

 チームは八村以外にも依然として故障者が絶えないことから、ルーキーの状態次第では復帰が早まる可能性もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る