八村塁25試合スタメン出場 陰の努力でいきなり主力の活躍

公開日: 更新日:

バスケットボール男子・八村塁(21)

 NBAワシントン・ウィザーズのドラフト1巡目ルーキーは、期待にたがわぬ働きを見せている。

 八村は開幕から25試合スタメン出場を続け、1試合平均13・9得点、5・8リバウンド(ともにチーム3位)をマーク(12月16日終了時)。

 12月16日のピストンズ戦でリバウンドで跳んだ際、同僚選手と接触して鼠径部を負傷。5試合を欠場したが、同月の第1週(4試合)は35分間以上のプレータイムを与えられ、米放送局「CBSスポーツ」が選ぶ「週間ルーキーランキング」1位に名を連ねた。

「NBA1年目から、ダブルダブル(得点、リバウンドなどの5項目のうち2つで2ケタを記録)を達成するなど、ルーキーとしての働きぶりは申し分ない。ドライブの持っていき方、ボールハンドリングに加え、状況判断も向上している。個人で、かなりの練習を積んでいるのがうかがえます。ゴンザガ大時代とは異なり、ウィザーズではボールが回る機会が減っても、いかにチームに貢献できるかを考えながらプレーしています。技術、メンタルも含めて、オールラウンダーとして順調なスタートを切ったと言っていいでしょう」(前男子日本代表監督の長谷川健志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る