五輪・A代表兼務続行も…真面目な森保監督に体調懸念の声

公開日: 更新日:

 29日にJFA(日本サッカー協会)の技術委員会が開かれ、関塚隆委員長がメディアの囲み取材に応じて「取り組んできた方向性はしっかりと委員に説明。サポートしていくことのご理解をいただいた」という表現でA代表と五輪代表を兼務する森保ジャパン体制を継続していくことを表明した格好だ。

 しかしながら問題は山積。たとえば3月は26日に愛知でA代表→27日に京都で五輪代表→30日に福岡で五輪代表と強行日程。しかも31日には敵地でのA代表対モンゴル戦が組まれている。全試合で指揮を執ることは、現実的に難しい状況なのに関塚委員長は「指揮官と話し合いながら検討する」とコメントするにとどまった。

「森保さんは2017年10月に五輪代表監督に就任。理由は『母国開催の五輪で采配を振る。これは指導者として最高の名誉』だった。翌年の7月にA代表を兼務することになったが、森保さん自身の優先順位は<あくまで東京五輪でメダルを獲得する>だった。ところがA代表兼務が森保さんにとって、JFAの想定以上に激務で難しく、どっちつかずの状態が続いて、タイで開催されたU―23アジア選手権惨敗の原因にもなった。森保さんの本心は<五輪に専念>というが、一度は兼務を承諾したわけだし、生真面目な森保さんから『兼務を解いて』とは言えない。優柔不断系の関塚委員長ですが、スパッと決断しないと森保さんは悩みが高じて体調を崩してダメになってしまうのでは? と懸念する声もある」(サッカー関係者)

 森保ジャパン、不安でいっぱいなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る