五輪・A代表兼務続行も…真面目な森保監督に体調懸念の声

公開日: 更新日:

 29日にJFA(日本サッカー協会)の技術委員会が開かれ、関塚隆委員長がメディアの囲み取材に応じて「取り組んできた方向性はしっかりと委員に説明。サポートしていくことのご理解をいただいた」という表現でA代表と五輪代表を兼務する森保ジャパン体制を継続していくことを表明した格好だ。

 しかしながら問題は山積。たとえば3月は26日に愛知でA代表→27日に京都で五輪代表→30日に福岡で五輪代表と強行日程。しかも31日には敵地でのA代表対モンゴル戦が組まれている。全試合で指揮を執ることは、現実的に難しい状況なのに関塚委員長は「指揮官と話し合いながら検討する」とコメントするにとどまった。

「森保さんは2017年10月に五輪代表監督に就任。理由は『母国開催の五輪で采配を振る。これは指導者として最高の名誉』だった。翌年の7月にA代表を兼務することになったが、森保さん自身の優先順位は<あくまで東京五輪でメダルを獲得する>だった。ところがA代表兼務が森保さんにとって、JFAの想定以上に激務で難しく、どっちつかずの状態が続いて、タイで開催されたU―23アジア選手権惨敗の原因にもなった。森保さんの本心は<五輪に専念>というが、一度は兼務を承諾したわけだし、生真面目な森保さんから『兼務を解いて』とは言えない。優柔不断系の関塚委員長ですが、スパッと決断しないと森保さんは悩みが高じて体調を崩してダメになってしまうのでは? と懸念する声もある」(サッカー関係者)

 森保ジャパン、不安でいっぱいなのである。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ