森保J五輪も前途多難…U-23で見えたアジアサッカーの停滞

公開日: 更新日:

「サウジのお家芸は堅守速攻。ところが決勝では局面に応じてパスをつないでボールポゼッションを高め、韓国相手に主導権を握ったのが印象的でした。韓国もつなぐサッカーを志向していますが、最後は<サウジを上回る高さ>を武器にセットプレーから決勝点を奪いました。東京五輪のアジア出場枠は3。両チームともに準決勝を突破した時点で東京五輪への出場を決め、決勝は大味な展開になるという見立てもありましたが、両国とも決定力不足が目に付いたものの、見どころありの試合内容だったと思います」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 もっとも、世界の中の<アジアのレベル>には「寂しいものがある」と元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう続ける。

「韓国、サウジ、オーストラリア、イラン、日本のアジア5強は選手にしても、チーム全体のレベルにしても<小粒感が否めない>という印象を持ちました。3位決定戦でオーストラリアに敗れて東京五輪出場を逃したウズベキスタン、準々決勝でサウジに敗れたタイなどレベルアップした国もあったが、いくらセカンドグループが奮闘努力しても5強が強くならない限り、アジア全体の底上げにはつながりません。今大会への関心度も低く、観客200人ちょっとのスタジアムもあった。アジアサッカーの全体の停滞感を物語っていた」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍