森保J五輪も前途多難…U-23で見えたアジアサッカーの停滞

公開日: 更新日:

「サウジのお家芸は堅守速攻。ところが決勝では局面に応じてパスをつないでボールポゼッションを高め、韓国相手に主導権を握ったのが印象的でした。韓国もつなぐサッカーを志向していますが、最後は<サウジを上回る高さ>を武器にセットプレーから決勝点を奪いました。東京五輪のアジア出場枠は3。両チームともに準決勝を突破した時点で東京五輪への出場を決め、決勝は大味な展開になるという見立てもありましたが、両国とも決定力不足が目に付いたものの、見どころありの試合内容だったと思います」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 もっとも、世界の中の<アジアのレベル>には「寂しいものがある」と元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう続ける。

「韓国、サウジ、オーストラリア、イラン、日本のアジア5強は選手にしても、チーム全体のレベルにしても<小粒感が否めない>という印象を持ちました。3位決定戦でオーストラリアに敗れて東京五輪出場を逃したウズベキスタン、準々決勝でサウジに敗れたタイなどレベルアップした国もあったが、いくらセカンドグループが奮闘努力しても5強が強くならない限り、アジア全体の底上げにはつながりません。今大会への関心度も低く、観客200人ちょっとのスタジアムもあった。アジアサッカーの全体の停滞感を物語っていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る