史上最弱U23 解任論高まるも森保監督にお咎めなしの舞台裏

公開日: 更新日:

 東京五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権(タイ)に参戦中の森保ジャパン。3戦目のカタール戦を1―1のドローで勝ち点1を稼いだものの、初戦サウジアラビアと2戦目シリアに連敗した時点で決勝トーナメントに進めないことが確定済み。何とか3連敗は避けられたというだけで、同大会初のグループリーグ敗退の事実は変わらない。東京五輪には開催国枠で出場できるが、史上最弱U―23代表のレッテルは、森保ジャパンについて回る。

 もちろん解任論もかまびすしいが、森保監督はお咎めなしで、今後も五輪代表、日本代表の監督を率いていくともっぱらだ。どうしてか?

「決定的に後任の人材が不足している」と某放送関係者がこう続ける。

「五輪代表監督経験者で<就任可能>なのは、まず2008年北京五輪代表の反町監督。昨季限りでJ2松本の監督を辞めて現在フリーです。2012年ロンドン五輪代表の関塚監督は、日本サッカー協会(JFA)技術委員会の委員長を務めているが、2018年ロシアW杯のときのようにハリルホジッチ監督解任―西野技術委員長監督就任という前例があるので問題はない。しかしJFA内での2人の評価は芳しくない。前回2016年リオ五輪の手倉森監督はJ2長崎の監督に収まっており、評価も反町、関塚さんとどっこいどっこい。五輪監督就任の可能性はゼロです」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  8. 8

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  9. 9

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  10. 10

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

もっと見る