3.1協会の決断は?大相撲3月場所中止なら14億円超の大打撃

公開日: 更新日:

 苦しい選択を突き付けられた。

 新型コロナウイルスの影響で、開催の是非を問われている大相撲3月場所(8日初日=大阪)。すでに場所前のイベントは続々中止になっている。毎年恒例の住吉大社での横綱土俵入りが中止になり、開幕直前の7日に行われる土俵祭りも力士は不参加、一般開放もなしと決定した。

 尾車事業部長(元大関琴風)は「力士がひとりでも(コロナウイルスに)感染していたら中止にせざるを得ない」と話し、健康管理の徹底を呼び掛けた。通常開催か、それとも無観客か、あるいは中止になってしまうのか。協会は3月1日の臨時理事会で決断を下すという。

 角界にはいま、追い風が吹いている。それを象徴するのが、北の湖以来38年ぶりとなる「横綱大関」だ。大関は原則2人だが、現在は貴景勝(23)しかいない。そのため、番付表では横綱が大関を兼ねる必要がある。今回は西の横綱鶴竜がその役割を果たすということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る