マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

飛距離に影響 スピン量は打点位置で1000回転以上も変わる

公開日: 更新日:

 同じクラブで試打しても、打点位置がフェース上側になるほど縦のギア効果でスピン量は減り、フェース下側になるほど縦のギア効果でスピン量は増えていきます。打点位置が上下に30ミリほどズレているとスピン量は1000回転以上も変わり、結果、飛距離も10ヤード以上変わるのです。

 昔からフェースのやや上側で打つと「飛ぶ」といわれてましたが、これは縦のギア効果でスピン量が減る弾道になるから「飛び」につながるのです。対して、打点位置がフェース下側になってしまうと、スピン量が必要以上に増えてしまい、飛距離が出づらくなります。

 飛ぶと評判のドライバーを試打したのに、吹き上がった弾道になって思ったほど飛距離が出ていない――。こういう場合、クラブの性能を疑う前に、打点位置をチェックして下さい。打点位置は市販のショットマーカーをフェースに貼り付ければ簡単にチェックできます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  3. 3

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  4. 4

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  5. 5

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  10. 10

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

もっと見る