羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

相次ぐ女子ツアー中止 東京五輪を目指す渋野日向子の不安

公開日: 更新日:

 女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」に続き、2戦目「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ」も2日、中止が発表され、しばらくは女子大会は中止が続きそうです。

 新型コロナウイルス感染が全国規模で広がりを見せており、スポーツ界全体でイベントが中止になったり、無観客で行われます。ゴルフ大会も感染防止のため中止は仕方ありません。

■試合の中でオフトレ効果が試せない

 東京五輪出場を視野にオフのトレーニングに取り組んできた渋野日向子鈴木愛に焦りがないか、といえば少なからずあるでしょう。どういう仕上がり具合なのか、早く試合で試したいとうずうずしていたはずです。

 緊張の中でショットやパットがどうなるのかは、やはり大会の中でしかチェックできません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る