マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

スイング中の空気抵抗はフェースとヘッドの大きさが影響

公開日: 更新日:

 2020年モデルのドライバーが出そろいました。国内外のメーカーともヘッド体積が460㏄、ルール適合内でフェースの反発力を上げ、なおかつミスに強い設計がなされています。そして、ここにきて注力されているのが空力特性でしょう。

 例えば、テーラーメイドのSIMドライバーはツノ形状の突起を斜めに配することで空気の流れを良くしています。キャロウェイのマーベリック、ピンのG410も空気抵抗を削減するデザインを採用。いずれのモデルも空力特性の向上がヘッドスピードアップにつながるとアピールしています。

 さて、この空力特性ですが、いずれのメーカーも自社の優位性をうたっています。その空力に関して皆さんに知っておいてほしいことがあります。

 ドライバーの場合、一般男性アマチュアの平均的なヘッドスピードは40メートル。時速に換算すると144キロ。高速道路の制限速度をはるかに超えるスピードですから、相当な空気抵抗が発生しています。この速度で走った場合、流線形のスポーツカーの方が、箱形の大型トラックよりも空力特性が高く、空気抵抗が軽減するのは簡単に想像つくかと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る