DJが東京五輪回避…欧米プロらコロナ禍で欠場加速の可能性

公開日: 更新日:

 簡単に言えない者もいる。

 2016年の全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(35=世界ランキング5位、以下DJ)が、東京五輪を欠場する意向であると、2日のAP通信などが報じた。

 報道によれば、DJの代理人はツアーの過密日程を欠場理由に挙げている。

 東京五輪の男子ゴルフ日程は7月30日~8月2日(埼玉・霞ケ関CC)。五輪前後の米ツアーの日程を見ると、2週間前に全英オープンがあり、2週間後にはフェデックスカップのプレーオフ第1戦ノーザントラストが行われる。DJは、五輪よりプレーオフの3試合を優先し、長距離移動を挟む過密日程を避けたというのが本音なのだ。

■名誉ならメジャー、マネーならプレーオフ王者

 欧米プロの多くは、「名誉なら、五輪よりメジャータイトル。マネーならフェデックス年間王者(賞金約16億円)」という考えだ。トッププロで五輪の金メダルを最優先する者は皆無に等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る