DJが東京五輪回避…欧米プロらコロナ禍で欠場加速の可能性

公開日: 更新日:

 簡単に言えない者もいる。

 2016年の全米オープン覇者のダスティン・ジョンソン(35=世界ランキング5位、以下DJ)が、東京五輪を欠場する意向であると、2日のAP通信などが報じた。

 報道によれば、DJの代理人はツアーの過密日程を欠場理由に挙げている。

 東京五輪の男子ゴルフ日程は7月30日~8月2日(埼玉・霞ケ関CC)。五輪前後の米ツアーの日程を見ると、2週間前に全英オープンがあり、2週間後にはフェデックスカップのプレーオフ第1戦ノーザントラストが行われる。DJは、五輪よりプレーオフの3試合を優先し、長距離移動を挟む過密日程を避けたというのが本音なのだ。

■名誉ならメジャー、マネーならプレーオフ王者

 欧米プロの多くは、「名誉なら、五輪よりメジャータイトル。マネーならフェデックス年間王者(賞金約16億円)」という考えだ。トッププロで五輪の金メダルを最優先する者は皆無に等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  6. 6

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  7. 7

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る