マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

飛距離に影響 スピン量は打点位置で1000回転以上も変わる

公開日: 更新日:

 ゴルフショップでは弾道計測器を使って試打するのが当たり前になり、鳥かごのような狭い場所でも、飛距離や方向性をチェックできるようになりました。

 弾道計測器はボールを打つだけでどれだけ飛んだか教えてくれますが、その基になっているデータは、ボール初速、打ち出し角、そしてスピン量の3つです。この中でもっとも飛びに影響が大きいのはボール初速ですが、同じボール初速でも打ち出し角やスピン量が異なると、飛距離は10ヤード以上も違ってきます。

 スピン量は少ない方が飛距離に有利といわれてますが、少なすぎるとキャリーが出づらくなります。ヘッドスピードによっても異なりますが、ドライバーの最適スピン量は2200~2600回転。3000回転を超えてくると吹き上がった弾道になって飛距離をロスします。

 そして、スピン量に関してもうひとつ理解していただきたいのが打点位置とスピン量の関係。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る