韓国も原発事故当時も…スポーツ界助っ人集団脱出の可能性

公開日: 更新日:

「国内でも同じことが起こるのは時間の問題ではないか」

 スポーツ紙の記者が「同じこと」と言うのは、隣国の一件である。

 新型コロナウイルスの感染者が2000人を超えた韓国のプロバスケットボールリーグは無観客でリーグを再開したが、釜山KTのアレン・ダーラムが、「新型ウイルスが怖い」ことを理由に契約を破棄し、2月27日に米国へ帰国した。後に続く外国選手も出ている。

 助っ人が逃げ出すといえば、2011年3月に発生した福島原発事故を思い出す。

 プロ野球横浜(現DeNA)では、5人の選手が健康被害を恐れて一時帰国。巨人の新助っ人右腕バニスターは原発事故への不安から球団に無断で国に帰ってしまった。その後、球団に「日米を問わずにプレーを続ける意思はない」との申し入れがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る