内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

信念を持った名バイプレーヤー 仁志敏久と矢野謙次の武器

公開日: 更新日:

 仁志敏久は自分の野球観を持っていた。私が打撃コーチだった1995年に日本生命からドラフト2位で入団。常総学院、早大で主将を務めたエリートだ。常総学院で木内幸男監督に野球を教わっている。私が知る中で有数の「野球博士」だった。

 171センチと小柄ながらパンチ力はある。アマ時代は中軸として自由に打ってきたのだろうが、巨人ではそうはいかない。クリーンアップには松井秀喜落合博満、入団2年目には清原和博がFA移籍してきた。周囲には「4番打者ばかりを集める」と揶揄された時代。脇役に回らざるを得なかった。スイングアークが大きく、粗かったため、コンパクトなものに修正した。

 最初のうちはバント、進塁打といった小技が苦手だった。それでもチームが仁志に求めていることが正確にできるよう「小技をもっと練習しよう」「広角に打とう」と助言した。これまではバットを短く持つこともなかっただろう。最初は戸惑っていたが、自身の役割を理解し、意識を変えた仁志は、逆方向への打撃を徹底的に練習し、自分のものにした。これが長くレギュラーを張る武器となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る