内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

信念を持った名バイプレーヤー 仁志敏久と矢野謙次の武器

公開日: 更新日:

 仁志敏久は自分の野球観を持っていた。私が打撃コーチだった1995年に日本生命からドラフト2位で入団。常総学院、早大で主将を務めたエリートだ。常総学院で木内幸男監督に野球を教わっている。私が知る中で有数の「野球博士」だった。

 171センチと小柄ながらパンチ力はある。アマ時代は中軸として自由に打ってきたのだろうが、巨人ではそうはいかない。クリーンアップには松井秀喜落合博満、入団2年目には清原和博がFA移籍してきた。周囲には「4番打者ばかりを集める」と揶揄された時代。脇役に回らざるを得なかった。スイングアークが大きく、粗かったため、コンパクトなものに修正した。

 最初のうちはバント、進塁打といった小技が苦手だった。それでもチームが仁志に求めていることが正確にできるよう「小技をもっと練習しよう」「広角に打とう」と助言した。これまではバットを短く持つこともなかっただろう。最初は戸惑っていたが、自身の役割を理解し、意識を変えた仁志は、逆方向への打撃を徹底的に練習し、自分のものにした。これが長くレギュラーを張る武器となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る