ソフトBスチュワートの一軍デビューは“ガス抜き”になるか

公開日: 更新日:

 フツーに開幕していたら、登板機会はなかったかもしれない。

 20日、ソフトバンクのスチュワート(20)がロッテとの練習試合で“一軍デビュー”。先発して5回を投げ、3安打5奪三振5四球1失点。スタミナ面の課題はあるものの、最速154キロをマークした。13日の中日との二軍戦では、6回無安打無失点と好投。来日2年目を迎え、元全米ドラ1の実力の片りんを見せている。

 もっとも、スチュワートのような外国人選手にとって、新型コロナウイルスの感染拡大はシビアな問題だ。スチュワートの母国・米国では、現地時間19日、全国民の海外渡航の中止と、国外に滞在している米国民へ速やかに帰国を検討するよう勧告した。スポーツどころではない、と言っても過言ではない。実際、バスケットのBリーグ・レバンガ北海道に所属するミークスは、自身と家族の健康を最優先に考え、契約解除を申し出て、この日、米国へ帰国したという。

 スチュワートの登板は米政府の勧告前に決まっていたとはいえ、一軍デビューが多少なりとも“ガス抜き”になればいいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る