視聴率苦戦の無観客大相撲…プロ野球も対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

「やっぱりお客さんがいてナンボだよね」

 好角家には、こんな声が少なくない。

 新型コロナウイルス感染拡大のため、無観客で行われている大相撲春場所(大阪)。ファンは会場で観戦できないため、テレビやネット中継で楽しむしかない。さぞかし視聴率は好調かと思いきや、NHK関係者によると「9日目までの数字では、昨年の春場所を下回る日が少なくない。全体的に2ポイントほど数字を落としている」というのだ。

 初日こそ15・1%(17時~60分間)をマークし、前年を0・3ポイント上回ったが、14日の7日目は前年を0・9ポイント下回る15・6%だった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 コロナ騒動により、ニュース番組の視聴率は総じて好調という。ニュースに視聴者が流れているにせよ、いつもなら幕内以上の取組ともなると、場内は歓声やヤジに包まれ、ときに座布団が飛び、アノ有名人が升席に座っている、なんてことも含めて話題になる。大相撲の視聴率低迷は、スポーツ興行には観客が欠かせないことを証明しているといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る