視聴率苦戦の無観客大相撲…プロ野球も対岸の火事にあらず

公開日: 更新日:

「やっぱりお客さんがいてナンボだよね」

 好角家には、こんな声が少なくない。

 新型コロナウイルス感染拡大のため、無観客で行われている大相撲春場所(大阪)。ファンは会場で観戦できないため、テレビやネット中継で楽しむしかない。さぞかし視聴率は好調かと思いきや、NHK関係者によると「9日目までの数字では、昨年の春場所を下回る日が少なくない。全体的に2ポイントほど数字を落としている」というのだ。

 初日こそ15・1%(17時~60分間)をマークし、前年を0・3ポイント上回ったが、14日の7日目は前年を0・9ポイント下回る15・6%だった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 コロナ騒動により、ニュース番組の視聴率は総じて好調という。ニュースに視聴者が流れているにせよ、いつもなら幕内以上の取組ともなると、場内は歓声やヤジに包まれ、ときに座布団が飛び、アノ有名人が升席に座っている、なんてことも含めて話題になる。大相撲の視聴率低迷は、スポーツ興行には観客が欠かせないことを証明しているといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  8. 8

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る