羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

プロゴルファーは大会を待ち望むファンの為に練習あるのみ

公開日: 更新日:
ANAインスピレーション出場へ3月10日に緊急渡米し、21日に帰国した渋野日向子(C)日刊ゲンダイ

 新型コロナウイルス感染は依然として収束の見込みが立っていません。

 世界のゴルフツアーも相次いで中止が発表され、メジャーの「マスターズ」「全米プロ」、そして女子の「ANAインスピレーション」まで軒並み延期になりました。今夏の東京五輪も組織委員会の森…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る