羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

相次ぐ試合中止…先が見えない状況でプロは何をするべきか

公開日: 更新日:

 日本女子ツアーは今季開幕戦から来週の「アクサレディス」まで相次いで4大会の中止を発表して、いまだに1試合も行われていません。

 ようやく暖かくなって、黄金世代やプラチナ世代の華やかな戦いを楽しめると首を長くして待っていたファンは、気の抜けたような気持ちでしょう。

 それは国内だけでなく海外でも同じです。

 米女子ツアーは渋野日向子が出場予定だったタイ、シンガポールでの大会を含むアジアシリーズ3大会が中止。その後に米本土で行われるメジャー「ANAインスピレーション」を含む3大会が延期になりました。

 米ツアーは松山英樹がコースレコード「63」をマークして初日暫定トップに立った「プレーヤーズ選手権」を2日目から中止にしました。

 さらに以降4週間にわたって5大会の中止を迅速に決めました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る