渋野ホステス大会も中止に…決定遅く選手とキャディー激怒

公開日: 更新日:

 怒るのも無理はない。

 米男子ツアーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、松山英樹が初日9アンダーでトップに立った「プレーヤーズ選手権」の2日目以降の中止を決定。翌週の「バルスパー選手権」から4月第1週の「バレロ・テキサス・オープン」までの4試合も取りやめとなった。また、マスターズの延期も決まった。

 米女子ツアーも前日(12日)、4月2日開幕予定の「ANAインスピレーション」までの3試合延期を発表した。

 それに比べて動きが鈍いのが、日本女子ツアーだ。すでに開幕2試合の中止が発表されていたが、3試合目「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」(鹿児島・20日開幕)の中止が決まったのは13日。ホステスプロの渋野日向子は「ファンの皆さまとお会いできず、とても残念に思います。Tポイントさんの契約プロとして初めて臨む大会で、とても楽しみにしていました。また笑顔と元気を届けられるように、しっかり調整を続けていきます」とコメントしたが、ある女子プロのマネジャーは「協会の中止のアナウンスが遅すぎる」と怒り心頭でこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る