侍J稲葉監督“三重苦”の任期延長…来季日ハム監督は消滅

公開日: 更新日:

 こうなったら、やるしかないが……。

 東京五輪の1年程度の延期が決定したことを受け、野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(47)が、五輪まで任期を延長することが確実となった。25日、NPBの井原事務局長が続投要請したことを明らかにした。金子ヘッドコーチら全首脳陣にも契約延長を打診する。

 稲葉監督は2017年7月に代表監督に就任。東京五輪での金メダルを目指し、その前哨戦となった昨年11月の「プレミア12」では世界一を達成した。契約は五輪終了後の今夏までだったが、任期が延長されれば来年3月に予定されている第5回WBCの指揮も執ることになる。

 関係者によると、「代表監督はただでさえ大きな重圧を背負う。稲葉監督自身は、この夏をひとつの区切りとして考えていた」そうだが、WBCと東京五輪を立て続けに戦う重責を担うわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る