侍J稲葉監督“三重苦”の任期延長…来季日ハム監督は消滅

公開日: 更新日:

 こうなったら、やるしかないが……。

 東京五輪の1年程度の延期が決定したことを受け、野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督(47)が、五輪まで任期を延長することが確実となった。25日、NPBの井原事務局長が続投要請したことを明らかにした。金子ヘッドコーチら全首脳陣にも契約延長を打診する。

 稲葉監督は2017年7月に代表監督に就任。東京五輪での金メダルを目指し、その前哨戦となった昨年11月の「プレミア12」では世界一を達成した。契約は五輪終了後の今夏までだったが、任期が延長されれば来年3月に予定されている第5回WBCの指揮も執ることになる。

 関係者によると、「代表監督はただでさえ大きな重圧を背負う。稲葉監督自身は、この夏をひとつの区切りとして考えていた」そうだが、WBCと東京五輪を立て続けに戦う重責を担うわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る