五輪1年延期が及ぼすGナインの禍福…右腕戸郷は追い風に

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征(19)が快投を披露した。

 25日、中日との練習試合に先発。4連続を含む7三振を奪い、4回1安打無失点。高卒2年目が開幕ローテーション入りを猛アピールした。

 昨年9月、球団として17年ぶりに高卒新人初勝利を挙げた。宮本投手チーフコーチは、ブルージェイズへ移籍した昨季15勝の山口俊の穴を埋める有望株として、戸郷の名前を挙げている。当然、原監督の期待も大きい。

 前日に東京五輪の1年程度の延期が決定した。NPB関係者は「もし今季、戸郷が2ケタ勝利でも挙げることになれば、今年7月の通常開催なら難しかったであろう侍ジャパン入りも見えてくる。なにしろ、他にいないタイプの大型変則右腕。“秘密兵器”となり得る能力を秘めています」と言う。1年間の猶予期間は、少なくても19歳には追い風となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る