五輪1年延期が及ぼすGナインの禍福…右腕戸郷は追い風に

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征(19)が快投を披露した。

 25日、中日との練習試合に先発。4連続を含む7三振を奪い、4回1安打無失点。高卒2年目が開幕ローテーション入りを猛アピールした。

 昨年9月、球団として17年ぶりに高卒新人初勝利を挙げた。宮本投手チーフコーチは、ブルージェイズへ移籍した昨季15勝の山口俊の穴を埋める有望株として、戸郷の名前を挙げている。当然、原監督の期待も大きい。

 前日に東京五輪の1年程度の延期が決定した。NPB関係者は「もし今季、戸郷が2ケタ勝利でも挙げることになれば、今年7月の通常開催なら難しかったであろう侍ジャパン入りも見えてくる。なにしろ、他にいないタイプの大型変則右腕。“秘密兵器”となり得る能力を秘めています」と言う。1年間の猶予期間は、少なくても19歳には追い風となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る