宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

反対選手を無視 青木功会長3期目スタートで破滅に進むJGTO

公開日: 更新日:

 日本男子ツアーはこの期に及んでもまだ危機感が希薄のようだ。

 主だったツアープロ41人が「安心してプレーできない」と要求した3理事が解任されるのか、それとも青木功会長が腹心の3理事を守るのか、が注目された「第8回定時社員総会」が25日に都内ホテルで行われた。しかし問題とされた上田昌孝専務理事、宇治重喜理事、村田一治理事はそろって留任した。

 ただし、午後2時から始まった総会は尋常ではなかった。総会への出席人数も明かされなかったが、出席者によると、青木会長が用意した原案に石川遼、時松隆光、市原弘大、星野陸也の4選手が反対した。ところが、無視されるようにどんどん議事が進められた。

 また、「原案賛成が過半数に達した」と発表したが、総会出席者にも賛成票、反対票の数は最後まで開示されなかった。そして、新体制スタート後には記者会見が行われ、青木会長との質疑応答が行われるのが恒例だが、それもなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る