相撲協会が抗体検査実施も…稽古と予防で板挟みのジレンマ

公開日: 更新日:

 わずか1カ月で、どこまで体が戻るか。

 希望する協会員への新型コロナウイルスの抗体検査を18日から始めた相撲協会。力士、親方、行司や世話人など、1000人以上の規模になり、すべての検査結果が出るのはおよそ1カ月後だという。

 相撲協会は7月場所(東京、19日初日)の無観客開催を目指しており、この検査結果が今後の判断材料のひとつになるともっぱらだ。

 ある親方は「検査結果は全部屋のものが出そろってから、一斉通達になるのではないか。そうでなければ、早めに安全とわかって胸をなでおろす部屋もあれば、検査結果はまだかまだかと長く不安を抱える部屋が出てきてしまう」と言う。

 そうなると、7月場所に向けての調整にも不公平が生じかねない。相撲の稽古は「1日休めば取り戻すのに3日かかる」といわれている。いくら3月場所以降、基礎稽古を続けていたとしても、あくまで基礎は基礎。相撲を取らないことには調整はできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    オスマン・サンコンさん 第3夫人通い婚にボランティア活動

  6. 6

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  7. 7

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る