西武・山川&森「1打点1万円寄付」効果で我が身を守る?

公開日: 更新日:

 17日、西武山川穂高(28)と森友哉(24)が社会貢献活動のため、1打点につき1万円を寄付することを発表した。

 当初は、山川が本塁打1本につき1万円、森は1打点で2500円の寄付を考えていたが、新型コロナ禍の影響で野球が出来る喜びを改めて噛みしめ、寄付を高額にしたという。

 野球選手の社会貢献活動は珍しくないものの、特に山川の打点へのモチベーションが高まることは他球団にとっても恐怖だ。

 山川は昨季、43本塁打120打点。本塁打王のタイトルを獲得した。その一方で打率.256、得点圏打率も.261と決して高くはない。13併殺もリーグ8位タイだった。打点をさらに稼ぐためには、チャンスでの意識も変わるはずだ。2017、18年はいずれも3割近く打ち、得点圏打率もそれぞれ.353、.310だった。長打に加え、当時の勝負強さが戻れば鬼に金棒。寄付を本塁打数から打点に変えたのは、それだけ多くの社会貢献ができることもさることながら、打点に対する欲のあらわれとも言えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る