男子7人制ラグビー 東京五輪メダルへNZで武者修行プラン

公開日: 更新日:

 史上初の8強入りを果たした昨年のラグビーW杯(15人制)に続き、東京五輪で飛躍を期待される7人制代表が29日、練習を再開した。

 都内で行われた非公開練習には主将の小沢大(31)ら6人が参加。新型コロナウイルス感染防止のため、密を避けるなど大幅な制限が課される中、約3時間のメニューをこなしたという。

 オンラインで会見した小沢は「(五輪が1年延期され)メダルを取るために準備できる。1年間、ハードワークすることで世界との差を埋めて本番で結果を残したい」と話した。

 今後、しばらくは地域ごとに少人数で練習するものの、代表候補選手が各地に集まるのは週に1回。集合日以外は各自でトレーニングを行う。7人制代表の岩渕健輔ヘッドコーチは「オリンピック1年前(7月23日)をめどとしたチームでの練習を目標に活動していきます」と日本協会を通じてコメントしたが、現時点で先行きは不透明だ。日本協会のガイドラインでは7月1日からはコンタクトプレーなど順次、解禁するものの、実戦形式の練習は当面、制限される。国内で強化を図るには限界があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  8. 8

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る