清宮氏先導のラグビー新リーグ構想 “足かせ”はジョセフHC

公開日: 更新日:

 昨年のラグビーW杯で史上初の8強に導いた日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=50)が29日、都内で会見。昨年の流行語大賞に選ばれたチームスローガンを用い「ワンチームを継続し、より良いものにしていきたい」と、2023年フランス大会でのさらなる飛躍を見据えた。

 ここにきて、昨年のW杯で主力を務めたWTB松島幸太朗(26)がフランスリーグトップ14のクレルモンへの移籍が発表された。ジョセフHCは「適切な選手が適切な時期に海外に移籍すれば、成長が見込めるので、いいことだと思っている。今後も続いてほしい」と、日本人選手の海外挑戦を後押しした。

 日本代表強化に重要な役割を担った南半球最高リーグ、スーパーラグビーのサンウルブズは今季限りで撤退する。海外のトップクラスとの実戦の場がなくなるため、選手個々のレベルアップを図るには松島のように海を渡るしかない。ジョセフHCによる移籍の勧めはもっともだが、トップリーグに代わって設立される新リーグに水を差しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  8. 8

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る