清宮氏先導のラグビー新リーグ構想 “足かせ”はジョセフHC

公開日: 更新日:

 昨年のラグビーW杯で史上初の8強に導いた日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=50)が29日、都内で会見。昨年の流行語大賞に選ばれたチームスローガンを用い「ワンチームを継続し、より良いものにしていきたい」と、2023年フランス大会でのさらなる飛躍を見据えた。

 ここにきて、昨年のW杯で主力を務めたWTB松島幸太朗(26)がフランスリーグトップ14のクレルモンへの移籍が発表された。ジョセフHCは「適切な選手が適切な時期に海外に移籍すれば、成長が見込めるので、いいことだと思っている。今後も続いてほしい」と、日本人選手の海外挑戦を後押しした。

 日本代表強化に重要な役割を担った南半球最高リーグ、スーパーラグビーのサンウルブズは今季限りで撤退する。海外のトップクラスとの実戦の場がなくなるため、選手個々のレベルアップを図るには松島のように海を渡るしかない。ジョセフHCによる移籍の勧めはもっともだが、トップリーグに代わって設立される新リーグに水を差しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る