田口に続きデラロサも離脱…巨人を襲う故障禍の“真犯人”

公開日: 更新日:

 甲子園で行われる予定だった阪神巨人戦は7日、降雨のため中止となった。28日のDeNA戦まで3週間ほど本拠地を離れる巨人は、この日が11泊12日の長期遠征の初戦だった。

 そんな巨人に緊急事態が発生している。開幕からクローザーを務めたデラロサが左脇腹の肉離れのため、6日に出場選手登録を抹消されたのだ。5日の中日戦で1点ビハインドの九回に登板。先頭のビシエドにソロ本塁打を浴びた直後に体の違和感を訴え、緊急降板していた。チームが首位を走る中、無理をさせる必要はあったのか。

 巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)がこう指摘する。

「今年の原監督は、開幕から例年以上に動いていますね。日曜日だったので、翌日は試合がない。リリーフ陣は登板過多気味ですが、デラロサは先月30日に投げてから中4日も間隔が空いていた。八回裏に1点差に追い上げた展開でもあり、九回裏に逆転サヨナラ勝ちを呼び込むため、九回表に抑え投手にマウンドに上がってもらうことはあります。ただ、デラロサの準備ができていたのかは疑問です。慌てて出てきたように見えたし、いつもより腕が振れていなかった。負けている場面なので本人は投げると思っていなかったのではないか。そうだとしたら意思疎通を怠ったベンチの責任。脇腹を痛めると長引きます。セで最も安定している抑え投手ですから、痛いなんてもんじゃないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”