巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

公開日: 更新日:

 巨人の一人旅が始まりそうだ。5日に5球団との対戦を終えて10勝4敗1分けの首位。他球団の体たらくが目立ち、原辰徳監督(61)は早くも「左うちわ」をあおいでいる。

 開幕カードで3タテを食らわせた阪神は、その後も立て直すことができず、4勝10敗の逆噴射スタート。新外国人の主砲ボーアの不振とリンクして、チーム打率は6日現在、リーグ最下位の・221。チームが最下位に沈む大きな要因となっている。

 巨人が5年連続で負け越している天敵広島もパッとしない。東京ドーム対決で1勝1敗1分けとセで唯一負け越さなかったものの、投手陣のチーム防御率は同4位の4・30。特に救援陣が同4・46と崩壊状態だ。

 象徴的なのは、開幕からクローザーを務め、3日に出場選手登録を抹消された新助っ人のスコットだ。6月21日のDeNA戦で1点リードの九回に4連打を浴びて逆転サヨナラ負け。2日のヤクルト戦も同点の九回に村上にサヨナラ満塁弾を浴びた。スコットは5試合で0勝2敗0セーブ、防御率は21・00。チームも5勝7敗1分けの5位で、今のところ巨人を追走する気配はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る