山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神MBS砲の陰に隠れた「和製大砲候補」大山悠輔への期待

公開日: 更新日:

 阪神タイガースは相変わらず不思議なチームである。今季は開幕から打線が絶不調で、12試合消化の時点で2勝10敗の最下位(チーム打率、得点ともに最下位)に低迷したときは早くも矢野監督の休養説が飛び交うなど、恒例のゴタゴタが始まったかに思えたが、先週末は2連勝。しかも、渦中の極貧打線が珍しく機能しての勝利だった。

 特に注目されているのはマルテ、ボーア、サンズの外国人トリオ、通称・MBS砲だろう。この3人の「打つ打たない問題」は開幕からファンを相当ヤキモキさせていたが、ここにきてようやくエンジンがかかってきた。期待された本塁打は3人仲良く2本ずつの計6本。パ・リーグにはその数字を一人で稼いでいる打者がいるくらいだから、物足りないことには変わりないが、3人で優良外国人大砲1人分だと思えば悪くはない。ここ数年の阪神はあまりに長打力が不足していたから、こんな程度でも打線が重量化した気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  9. 9

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る