阿炎は“夜の店”に出入り…「今場所再出場なし」の自業自得

公開日: 更新日:

「情状酌量の余地はない。世の中がどんな状況か、子供じゃないんだからわかるだろ」

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)が激怒し、嘆くのも無理はない。

 不要不急かつ無断の外食が発覚し、25日から休場中の阿炎(26)。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)は何の因果か、25日に中継の解説だったこともあり、「数人のお客さまと会食に行ったため、大事を取って今日から休場させます」と弟子の不始末を釈明したが、昨26日になって「会食」とされていた外出先が、「接待を伴う夜の店」だったことが発覚したのだ。

 しかも、場所前にも同様の「夜の店」に出入りし、いずれも別の部屋の幕下力士を伴っていたというから、相撲協会もカンカンである。

「接待を伴う、いわゆる『夜の店』に行った。キャバクラなのかラウンジなのかはわからない。再出場? (2人の)師匠も『今場所は出場させない』と言っている。場所中の処分はないが、場所後の理事会で議題に上がる事案です」(芝田山広報部長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る