豊昇龍智勝は叔父「希代の悪童・朝青龍」譲りの才能を持つ

公開日: 更新日:

21歳・立浪部屋・前頭16枚目

 相撲は叔父さん譲りでもいいが、態度だけはくれぐれも真似しないように……。希代の悪童・朝青龍を叔父に持つモンゴル人力士。顔つきや土俵上の雰囲気、しぐさやしゃべり方、負けん気の強さなど、「血縁だけあって朝青龍と似ている」ともっぱらだ。

 母国の中学校を卒業後、日体大柏高に留学。最初は相撲ではなく、レスリングでの五輪出場を目指していた。朝青龍もそれを理解しており、あくまでレスリングを学ばせるために日体大柏を紹介。それが一転して相撲に傾倒したのは、高校1年の課外学習がきっかけだ。国技館に相撲観戦に行くと、かつて叔父さんが頂点を張った日本の国技に魅了された。

「すぐにレスリング部を辞めて相撲部に入部したが、学校内では相当揉めたようです。なにせ、レスリング留学のはずが、たった1年で退部。『話が違うじゃないか』と怒る教職員もいたそうです。ただ、朝青龍の甥っ子ということもあり、大ごとにはならなかった」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る