翔猿は流れ流され気付けば幕内 第2志望の相撲で結果を出す

公開日: 更新日:

28歳・追手風部屋・前頭14枚目

 阿武松親方(元前頭大道)ら複数の関取を輩出した葛飾区の大道中学校を卒業後は、相撲強豪校の埼玉栄に進学。さらに日大相撲部を経て角界入り……と聞けば、疑いようもない相撲エリートである。しかし、実情はいささか異なる。

 小学生の頃、地元江戸川区の相撲道場に通い始めたのは、実兄・英乃海(現十両、最高位前頭12枚目)の影響だった。当時の翔猿少年は「相撲より野球」。甲子園出場、そしてプロ野球選手が夢だったという。

 それでも、道場の厳しい稽古もあってか「野球に専念したい」とは言い切れないまま、大道中学校に進学。結局、野球は諦める羽目になり、高校も兄と同じ埼玉栄を選んだ。

「翔猿は大の子供好き。この頃から『将来は保育士になりたい』と思っていたものの、なにせ兄も力士ですからね。相撲の面白さにも目覚め、『このまま相撲をやめていいものか。でも保育士にもなりたいし……』と、悩んでいたそうです。結局、本心を言い出せず、日大に進学した」(タニマチ筋)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔