“雨男”楽天涌井の面目躍如 ロッテ相手に7回3失点でも9勝目

公開日: 更新日:

 六回、楽天生命パーク宮城がため息に包まれた。

 23日のロッテ戦。5回まで完全投球を続けていた涌井(34)が、1死から8番の藤岡に死球を当てた。快挙を期待したファンの落胆がスタンドに広がる中、続く代打の清田には左前打。これでノーヒットノーランも消えると、1番の福田に中越えの適時二塁打を浴び、完封もなくなった。

 快投一転の乱調はまだ続く。続くマーティンにも右越えの二塁打。2者の生還を許し、3点のリードも吐き出してしまったのだ。

 この日の仙台は試合前から強い雨が降り、開始が37分遅れる悪条件。それでも、ベテランは動じなかった。実は雨中での登板はこれが今季3度目。前2回はいずれも白星を手にした。試合中に1時間超も中断した7月1日のロッテ戦は5回2失点。同15日の西武戦は7回無失点で「打球が飛ばない。ストライクゾーンで勝負するのが雨の日の戦い方」と涼しい顔だった。

 結局、涌井は7回3失点。七回裏に浅村の勝ち越し2点本塁打が飛び出し、9勝目を挙げた。快挙は消えたが、雨男の面目躍如だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る