バルサに辟易 メッシが画策する巨額移籍金逃れの退団戦術

公開日: 更新日:

 アルゼンチン代表FWメッシ(33)の退団騒動でスッタモンダが続いているスペインのバルセロナ。

 現地27日の地元で行われるビジャレアル戦が<開幕戦>となる。 

 バルサを退団しようとアノ手コノ手を使ったメッシだったが、スペイン連盟の裁定によって残留となり、今も出ていきたくてしょうがない。 

 現地16日、イタリア2部ジローナとの強化試合で2ゴールと格の違いを見せつけたものの、ゴールの後も笑顔を見せるわけでもなく、バルサの公式ツイッターには「まるで葬式(の参列者)みたい」といった書き込みが殺到した。

「契約は2021年6月までだが、完全にバルサへの忠誠心を失っているメッシは、来年1月の移籍解禁月間に出ていきたい。足かせは880億円と天文学的な移籍金。メッシはどうやって退団するのか? アソコが痛い、ココがかゆいと言ってサボタージュを繰り返し、バルサのフロントに<退団やむなし>と思わせるという戦法です」(サッカー関係者)

 メッシを獲得したいクラブとバルサとの交渉で移籍金も常識的な金額に減額され、年明け早々にメッシはバルサ以外のユニホームを着る――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る