久保に初スタメンの可能性…バルサ戦惨敗もエメリ監督絶賛

公開日: 更新日:

 日本代表FW久保建英(19)所属のビジャレアルが、日本時間28日にバルセロナと対戦した。

 強豪バルサといっても大黒柱メッシの退団騒動にエースFWスアレスの移籍、クーマン監督新体制の公式戦初陣といったハンディを抱えていた。前季5位のビジャレアルにも付け入るスキは十分にあるともっぱら……と思っていたらトンデモナイ話だった。

 前半で0―4。後半はバルサの攻め疲れもあって無失点に抑えたとはいえ、スコア以上のレベルの差を見せ付けられた。

「これで久保のスタメン昇格が早まった」とサッカー関係者が続ける。

「右サイドはナイジェリア代表の快足FWチュクウェゼが開幕3試合スタメンの座を守ったとはいえ、バルサ戦で短所がモロに出た。攻撃面ではトリッキーなドリブル突破が持ち味だが、守備面ではポジショニングやマークのズレがやたらと目立ち、<帰陣しないで守備をサボる>シーンも目に付く。実際、バルサはチュクウェゼのいる<右サイド>を徹底的に狙ってチャンスをつくった。結局ビジャレアルのエメリ監督は後半29分、耐え切れずにチュクウェゼに代えて久保を投入した」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る