新大関・正代「九州場所消滅」は調整や休養にむしろプラス

公開日: 更新日:

 新大関にとっての追い風になりそうだ。

 先月30日の伝達式で正式に大関昇進を果たした正代(28)。9月場所を制した新大関は口上で「至誠一貫の精神で、相撲道に邁進してまいります」と誓った。

 そんな正代にとって残念なのが、来場所の開催地だ。新型コロナウイルスの影響により、福岡国際センターから両国国技館への変更が決定している。

■過去負け越しなしと好相性だが

 正代は熊本県出身。広い意味では九州場所のご当地力士だった。故郷からも大応援団がかけつけたであろうことは想像に難くない。

 さらに九州場所は正代がもっとも得意とする場所。入門以来、九州で負け越したことはなく、十両優勝を果たしたのもここだった。

 しかし、よくよく考えれば開催地変更はそう悪いことでもない。なにせ、新大関としての初土俵だ。大相撲の看板力士になったからには、これまでとは重圧はケタ違い。横綱昇進も期待されているとあればなおさらだ。新型コロナがなければ、「九州場所では負けない」というジンクスが、そのままプレッシャーとなって正代にのしかかっていたかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る