新入幕翔猿の優勝争う快進撃 13力士の休場が台無しにする

公開日: 更新日:

 新入幕の翔猿(28)が13日目に隆の勝を下し、2敗をキープ。11勝は正代と並んでトップタイの成績だ。

 新入幕Vなら106年ぶりの大記録。歴史的快挙への期待は高まるものの、一方で肝心の土俵は故障者だらけで目も当てられない。13日目は照ノ富士千代大龍が休場。初日から白鵬鶴竜ら6人が休場を発表すると、3日目に琴奨菊、5日目は旭大星と、くしの歯が抜けるように次々と力士が休場していった。琴奨菊ら3人は再出場しているものの、今場所の休場力士は計13人。これは過去4番目に多い人数だ。

 歴代最多は2002年7月場所の16人。休んでも番付が下がらない公傷制度が残っていた時代で、悪用する力士が続出し、後の制度撤廃につながった。

 2010年7月場所も14人が休場したが、これは当時世間を騒がせた野球賭博に関わって謹慎処分を下された力士が大半だった。純粋なケガ人という意味では、今場所を超えるものではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る