秋場所Vの正代 懸念される「腰高」は横綱昇進の大きな武器

公開日: 更新日:

「優勝したんだとはわかってはいるけど、まだ自分が追い付いてない感じですね」

 優勝一夜明け会見で、こう話したのが9月場所を制した正代(28)だ。

 13勝2敗で殊勲賞と敢闘賞に加え、自身としても熊本県出身力士としても初めて掴んだ賜杯。直近の3場所は32勝で大関昇進基準の「3場所33勝」には1勝足りないものの、優勝が評価されて大関昇進は決定的だ。

 ちなみに正代のしこ名は本名。大関に昇進しても「珍しい名字だと、今はこれで定着している。変える気はない」という。

 もっとも、近年は大関に昇進してから足踏みする力士が多いのも事実。大関の優勝は2017年1月場所の稀勢の里(現荒磯親方)が最後だ。朝乃山はまだ2場所しか大関を務めていないが、貴景勝は優勝どころか一度は陥落している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る