秋場所Vの正代 懸念される「腰高」は横綱昇進の大きな武器

公開日: 更新日:

「優勝したんだとはわかってはいるけど、まだ自分が追い付いてない感じですね」

 優勝一夜明け会見で、こう話したのが9月場所を制した正代(28)だ。

 13勝2敗で殊勲賞と敢闘賞に加え、自身としても熊本県出身力士としても初めて掴んだ賜杯。直近の3場所は32勝で大関昇進基準の「3場所33勝」には1勝足りないものの、優勝が評価されて大関昇進は決定的だ。

 ちなみに正代のしこ名は本名。大関に昇進しても「珍しい名字だと、今はこれで定着している。変える気はない」という。

 もっとも、近年は大関に昇進してから足踏みする力士が多いのも事実。大関の優勝は2017年1月場所の稀勢の里(現荒磯親方)が最後だ。朝乃山はまだ2場所しか大関を務めていないが、貴景勝は優勝どころか一度は陥落している。

 さらに角界でも正代の相撲について、「腰が高い」という指摘が少なくない。「頭から当たっていく相撲を取るべき」という声もある。

 古株の角界OBは「何も変える必要はない」とこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  5. 5
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  1. 6
    キムタク「教場0」がお巡りさんから総スカン! 交番勤務を見下した指導官の決めゼリフ

    キムタク「教場0」がお巡りさんから総スカン! 交番勤務を見下した指導官の決めゼリフ

  2. 7
    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

  3. 8
    香川照之に何が…21年連れ添った元CA妻と「離婚」の真相

    香川照之に何が…21年連れ添った元CA妻と「離婚」の真相

  4. 9
    元Jr.が実名告発する合宿所の“驚愕事態”「単純計算しても2500人以上が犠牲に…」

    元Jr.が実名告発する合宿所の“驚愕事態”「単純計算しても2500人以上が犠牲に…」

  5. 10
    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」