正代は2横綱と相性最悪…それでも“綱とりの壁”がない根拠

公開日: 更新日:

 大関に昇進した正代(28)。故郷熊本への帰省から戻り、12日には都内の部屋で稽古を再開。今後は横綱候補の一角として期待がかかるとはいえ、白鵬(35)、鶴竜(35)との相性の悪さを懸念する声があるのも事実だ。

■対戦成績は散々だが…

 白鵬には不戦勝の1勝を含む3勝9敗、鶴竜には13戦全敗と、確かに目を覆いたくなるような対戦成績だ。横綱昇進は2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績が条件。正代に立ちはだかる高い壁と言ってもいいだろう。

 しかし、親方のひとりは「正代が横綱2人にコテンパンにされてるのは事実だけど」と、こう続ける。

「今後、本場所で当たることが何回あるかということですよ。白鵬と鶴竜は休場が増え、今年は千秋楽まで土俵を全うしたのはともに1回だけ。序盤で黒星を重ね、そのままフェードアウトというケースが増えている。正代は大関に昇進したため、横綱とはたいてい12日目まで当たらない。つまり、両横綱は正代と対戦する以前に休場している可能性が高い。壁は壁でも、あってなきがごとし、ではないか」

 もっか大関は3人いるが、押し相撲一本の貴景勝は組むともろく、朝乃山は9月場所で初日から3連敗を喫したようにメンタル面の不安が露呈し始めた。正代は常に淡々とマイペース。それでいて、9月場所前は誰もが予想だにしなかった優勝、大関昇進を果たしている。綱とりの期待は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  6. 6

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  7. 7

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  8. 8

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る