大相撲出稽古解禁でも痛しかゆし「一発で感染拡大」の恐怖

公開日: 更新日:

 力士が大手を振って出稽古に行けるのはいつの日になるのか。

 正代の優勝、大関昇進で幕を閉じた9月場所。去る5日から2週間限定で出稽古が解禁となったものの、稽古を再開したばかりの力士も多く、本格的な稼働には至っていない。

 かといって、このまま出稽古をしないわけにもいかない。関取が少ない部屋はもちろん、複数いる部屋でも毎日同じ相手との稽古ばかりでは限界がある。出稽古をしたいのはやまやまだが、しかし、ホイホイと出掛けていくわけにはいかない事情がある。

 9月場所直前に玉ノ井部屋でクラスターが発生し、19人が感染。全員休場となった。ただでさえ相撲は濃厚接触を伴う競技。出稽古が解禁されたからといって、感染を恐れて出足が鈍いということもある。今年5月には新型コロナに感染した高田川部屋の三段目、勝武士が28歳の若さで逝去。糖尿病など基礎疾患を抱えがちな力士にとっては忘れられない一件だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る