元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

【特別版】オランダ遠征直前辞退 DF長友佑都が期するもの

公開日: 更新日:

長友佑都(マルセイユ DF・34歳)

「(日本代表)152試合出場のヤット(遠藤保仁・J2磐田)さんを本気で目指していこうという野心がより一層、大きくなりましたね」――。

 2019年11月のキルギス戦で井原正巳(柏コーチ)の持つ代表122試合に並んだ際、長友佑都(マルセイユ)は目を輝かせた。だが、直後にガラタサライで出番を失い、新型コロナ禍にも見舞われ、フランスに移籍することになるとは本人も想像しなかっただろう。森保日本再始動の10月オランダ遠征2連戦も不参加となったが、逆に左SBとしての価値が再認識された形。完全復活が待たれる。

■左SBの絶対的存在として君臨し続けた

 3度目のW杯となった2018年ロシア大会の後、3つ年長の長谷部誠(フランクフルト)や同い年の本田圭佑(ボタフォゴ)が代表の一線を退き、香川真司も呼ばれなくなる中、長友だけは左SBの絶対的な存在として君臨し続けた。右サイドは室屋成(ハノーファー)や菅原由勢(AZ)らが20代の選手が育ってきたが、左は長友に匹敵する存在はなかなか見当たらない。そういう事情もあって、森保一監督は彼に頼りにしてきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る