久保リーグ初スタメンも見せ場ゼロ…“もっと利己的に”の声

公開日: 更新日:

 スペイン1部ビジャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、日本時間26日午前0時開始のカディス戦で移籍後、初の先発出場を果たした。

 23日の欧州EL・スイバススポル(トルコ)戦にフル出場して1ゴール2アシスト。その余勢を駆ってリーグ7試合目にして初スタメンの座を勝ち取った久保だが、後半17分にベンチに退くまで見どころなし。試合も1部昇格組を相手にスコアレスドローに終わった。

 マイボールでは2トップの一角として、相手ボールでは3トップの右に入った久保は、堅守自慢のカディスDF陣から厳しいマークを受け、なかなか相手ゴールに向かってプレーできない。相手選手同士の<隙間でボール>を受け、鋭いドリブル突破を仕掛けていくのが久保の持ち味だが、時折サイドからクロスを放り込むのが精いっぱい。

 フィジカルコンタクトでぶっ飛ばされたり、ボールを失ってピンチを招くシーンもあり、後半途中でナイジェリア代表のFWチュクウェゼに代わってベンチ送りも「致し方なし、です」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る