定年の高砂親方がとっくに決めている後継者を名言しない訳

公開日: 更新日:

 4日、相撲協会の高砂親方(元大関朝潮)がリモート会見を行った。12月9日の誕生日で、65歳の定年。最後の本場所ということもあり、大関朝乃山ら愛弟子たちに「個性を発揮できる力士になってほしい」とエールを送った。

 そんな高砂親方だが、後継者については明言せず。定年までに「決めなければいけない」と話したのみだ。

 もっとも、親方のひとりは「部屋付きの若松親方(元前頭朝乃若)に決まってますよ」と、こう続ける。

「高砂部屋には部屋付きが2人おり、もうひとりはモンゴル出身の錦島親方(元関脇朝赤龍)です。出身国が問題というわけではない。若松親方は高砂親方から朝乃山まで続いている、近大相撲部の系譜。若松親方が後継者なら近大とのパイプを保てるので、今後も安定した力士供給を望める。じゃあなぜ発表しないかといえば、本場所直前だからです。本場所前に土俵以外の話題を提供するのは角界のタブー。名門高砂部屋の継承者となれば、どうしても目立ちますからね。高砂親方は定年後も再雇用制度で角界に残る方針なので、12月の誕生日直前に名跡を交換。その時に正式発表という流れでしょう」

 錦島親方はおとなしい性格だが、指導力には定評がある。朝乃山を筆頭に、名門部屋は再び隆盛を迎えられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る