定年の高砂親方がとっくに決めている後継者を名言しない訳

公開日: 更新日:

 4日、相撲協会の高砂親方(元大関朝潮)がリモート会見を行った。12月9日の誕生日で、65歳の定年。最後の本場所ということもあり、大関朝乃山ら愛弟子たちに「個性を発揮できる力士になってほしい」とエールを送った。

 そんな高砂親方だが、後継者については明言せず。定年までに「決めなければいけない」と話したのみだ。

 もっとも、親方のひとりは「部屋付きの若松親方(元前頭朝乃若)に決まってますよ」と、こう続ける。

「高砂部屋には部屋付きが2人おり、もうひとりはモンゴル出身の錦島親方(元関脇朝赤龍)です。出身国が問題というわけではない。若松親方は高砂親方から朝乃山まで続いている、近大相撲部の系譜。若松親方が後継者なら近大とのパイプを保てるので、今後も安定した力士供給を望める。じゃあなぜ発表しないかといえば、本場所直前だからです。本場所前に土俵以外の話題を提供するのは角界のタブー。名門高砂部屋の継承者となれば、どうしても目立ちますからね。高砂親方は定年後も再雇用制度で角界に残る方針なので、12月の誕生日直前に名跡を交換。その時に正式発表という流れでしょう」

 錦島親方はおとなしい性格だが、指導力には定評がある。朝乃山を筆頭に、名門部屋は再び隆盛を迎えられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い