井上尚弥は聖地KO防衛も…ポスト・パッキャオは「酷」の声

公開日: 更新日:

「天才ですね」

 こう感嘆するのは、ボクシングに関する著書も多いノンフィクションライターの織田淳太郎氏だ。

 ボクシングWBA、IBFバンタム級統一王者の井上尚弥(27)が1日(現地時間31日)、初のラスベガスで防衛戦を行った。序盤はガードの堅い挑戦者のジェーソン・モロニー(29)を右アッパーで攻めるも、効果はイマイチ。すると即座にカウンター狙いに切り替えた。

 冒頭の織田氏が言う。

「カウンターは狙おうと意識すればするほど無駄な力が入り、コンマ何秒か動きが遅れる。井上は中盤、両腕を下げてぶらぶらさせていたが、あれはあえて力を抜くためです。あんなに大胆に戦法を変え、しかも見事カウンターを成功させる。パンチ力は当然のこと、技術もケタ外れです」

 井上は6Rにダウンを奪うと、7Rには右ストレートでKO勝利。いずれもカウンターだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る