白鵬が「力士代表」名乗る笑止 合同稽古に参戦した本音

公開日: 更新日:

 態度だけはデカいOBが久々に姿を見せ、相変わらずエラソーに振る舞う――多くの力士にとっては、そんな印象だろう。

 16日から国技館の相撲教習所で始まった合同稽古。初日は横綱白鵬(35)、新大関の正代(28)、大関貴景勝(24)ら9人の関取らが一門や部屋の垣根を越え、汗を流した。

 注目は白鵬だ。この日は相撲こそ取らなかったものの、ぶつかり稽古に正代を指名。約5分間、新大関を転がし続けて体中を砂まみれにさせた。

「(正代は)勢いがあるから、それをもらわないと」

 などと話した白鵬。もちろん、それは建前で、ホンネは勢いづく横綱候補の芽を摘むためだ。仮に正代が和製横綱となれば、いよいよメシの食い上げ。悠長に休んでもいられなくなる。その意味では、合同稽古は願ったりかなったりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  8. 8

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  9. 9

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  10. 10

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

もっと見る