3球団V経験の元投手・石毛博史さんは富山で“金の卵”を探す

公開日: 更新日:

石毛博史さん(元プロ野球投手・50歳)

 巨人、近鉄、阪神で抑えの切り札として活躍。在籍3球団で優勝を経験した元セーブ王ながら、時には突然調子を乱してファンを冷や冷やさせたため“石毛劇場”と言われることもあった。本日登場の石毛博史さんだ。引退は2005年。あれから15年経つが、今どうしているのか?

 富山県のほぼ中央、JR富山駅から南西へ車で約30分の富山市婦中町。なだらかな丘陵に囲まれた旧音川中学に行くと、石毛さんの姿があった。グラウンドでは少年野球チーム「バンディッツヤング」が練習の真っ最中だった。

「僕はこのチームが野球塾だった頃から指導者として関わってきまして、今もアドバイザーなんです。他には北陸3県と新潟を加えた4県の中学生を対象とした巨人軍OBスカウトもやってます」

 巨人がスカウト活動強化のため今年組織したもので、北海道から熊本までの都道府県に在住する20人の巨人OBと契約。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

もっと見る