羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

若手プロには世界基準の「リカバリー技術」が必要だ

公開日: 更新日:

 先週は男女ツアーとも若手の頑張りが光りました。

 男子の「ダンロップフェニックス」はプロ転向3戦目の金谷拓実(22)が、同じ学生プロの石坂友宏(21)との4ホールに及ぶプレーオフを制しました。アマ時代の1勝を含め、ツアー2勝目です。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 無観客開催も若手プロやアマチュアの活躍に多少なりとも関係があるように思われます。ギャラリーがいないと気分的に楽になり、自分のプレーに集中でき思い切ったゴルフができます。

 一方、ベテラン勢は観客に見られて発奮して気合が入るという試合をずっと続けてきました。例年とは違う戦い方に戸惑い、若手の勢いに押されてしまっているところが見受けられます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    小池都知事が都ファ“子分”の千代田区長選に出しゃばる理由

もっと見る