プロ野球選手とJリーガーは“超禁欲” 五輪まで終わらない

公開日: 更新日:

 プロ野球選手もサッカー選手も、ゲンナリしているのではないか。

 16日、プロ野球とJリーグによるコロナ対策会議が開かれ、横浜スタジアムや東京ドームで収容人数制限を緩和して行った実証実験データを共有した。政府は大規模イベントの観客数について、現行の「収容人数の50%以下」の制限を来年2月末まで継続する方針。今季のプロ野球、Jリーグはこの観客制限によって大幅な収入減を強いられており、来季中の制限解除を目指したいという。

 これを実現するため、大きな負担を強いられるのが選手だ。今年6月に開幕、再開したプロ野球、サッカーは徹底したコロナ対策を行いながらも、複数の感染者が出た。

 集団行動や遠征など、ただでさえ感染リスクが高い中、プロ野球の阪神ロッテでは“クラスター”が発生。阪神に至っては、選手の内規違反による外食が判明し、大半の球団が再び遠征先で外食を禁止するなど、さらなる禁欲生活を強いられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る