54歳タイソン15年ぶり復帰戦 16分間で手にした巨額のカネ

公開日: 更新日:

 日本時間の11月29日に米ロサンゼルスで行われた、プロボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54)の“復帰戦”。元4階級制覇のロイ・ジョーンズ・ジュニア(51)を相手に15年5カ月ぶりとなるリングに上がり、日本でも大きな話題になった。

 1ラウンド2分×8ラウンドのエキシビションだが、“花相撲”でも動いたカネは莫大だ。今回のファイトマネーはタイソンが約10億円、ジョーンズが約3億円と米国では報じられている。

「試合はフルラウンドを戦った末の引き分けでしたから、タイソンはつまり、16分で10億円を稼ぎ出したことになるのですが、実際にはもっと実入りがある。試合はPPV(ペイ・パー・ビュー)で世界に生配信され、視聴者数に応じた取り分が別にあり、タイソンはそれだけで10億円から20億円を手にするといわれています。さらに、今回の復帰に向けたドキュメンタリー番組も制作されていて、そのギャラはまた別でしょう。タイソンはファイトマネー全額を慈善事業に寄付するとしていますが、10億円を寄付しても、それ以上のカネが入るのです」(現地マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る