正代「勝ち越せれば」の危うさ…無欲で後ろ向きな性格アダ

公開日: 更新日:

 現実的と言えば聞こえはいいが……。

 大関正代(29)が11月30日からトレーニングを再開した。新大関として臨んだ11月場所は3勝2敗10休。3日目の高安戦で左足首靱帯損傷のケガを負い、次の1月場所はいきなりカド番で迎えることになる。

 そんな正代は来場所の抱負を聞かれると、「勝ち越せればいいかな」と話した。カド番である以上、2場所連続負け越しだと大関から陥落。勝ち越せば、今の地位をキープできる。だから「勝ち越したい」というのだ。もちろん、左足首の回復具合や今後の調整も加味した上で、慎重な発言になったのだろう。

 しかし、2場所前に優勝した大関が「勝ち越せればいい」とは、あまりに欲がなさ過ぎないか。

 そもそも正代はネガティブな性格で知られ、大言壮語を口にすることもなかった。対戦相手が誰かも、事前に知ろうとしない。あらかじめ名前を聞くと嫌なイメージばかり浮かぶそうだ。そのため、取組当日に師匠に相手の名前を明かされるまでは、誰と戦うかも知らないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る